• ホーム
  • アレグラ以外のアレルギー性鼻炎や花粉症に効く薬とは?

アレグラ以外のアレルギー性鼻炎や花粉症に効く薬とは?

薬が乗っているスプーンを持っている女性

花粉症によるアレルギー性鼻炎の場合、アレグラ以外にも様々な種類の治療薬があります。主なものに葉アレジオンやザイザル、アレロックなどがあり、アレジオンは内服薬の他に、点鼻薬や点眼薬もあります。

第二世代抗ヒスタミン薬の中でアレグラよりも効果が強いのがザイザルです。ザイザルはレボセチリジン塩酸塩が主成分となっており、効き目と副作用のバランスが、一番整っています。最強と言われているジルテックを改良した薬で、ジルテックの成分であるセチリジンから良い部分のみを取り出しています。

ザイザルは花粉症やハウスダストによるアレルギー性鼻炎や蕁麻疹にも効果があり、1日1回就寝前に服用すると約1時間で効果が現れ始めその後1日中効果が持続していくタイプのものです。特に服用してから1時間から7時間は血中濃度が上がっている状態であるので、眠気の副作用が出やすく、副作用が出やすい時間帯を就寝時にもってくることで、軽減を図っています。そしてザイザルの場合、朝起きるころまで効果が持続しているので、アレルギー性鼻炎に多いモーニングアタックの症状を軽減することもできます。

アレジオンはエピナスチン塩酸塩製剤が主成分の薬で、効き目はザイザルよりも抑えられており、その分副作用もあまり強くない薬です。やはり眠気が起こることがあるので、1日1回就寝前に服用するようになっており、服用後は眠くなるなどの症状が出てくるため、日中は車の運転や危険な機械の操作は行わないようにとなっています。点鼻薬や点眼薬も同じ成分が含まれていますが、外用薬であるので、副作用は出にくくなっています。

アレグラやアレジオンは処方薬と市販薬とがあり、薬局でも購入することができますが、ザイザルは医師の診察を受けて処方してもらう治療薬となっているので、薬局やドラッグストアでは購入することができません。そしてこれらの薬は花粉が飛散をする前に服用を開始することで、花粉症を発症する時期をずらしたり、症状を軽減したりすることができます。予防薬としても使うことができるので、花粉が飛ぶと予想される2週間前には医師に相談をし、自分に合ったアレルギー性鼻炎の薬を処方してもらうようにしましょう。

花粉症の薬を選ぶ場合は、自分の症状がどのくらいなのかを把握することが大切です。症状がどの程度なのかを把握することで、より自分にあった薬を服用できるので、早期に症状を軽減することができます。