• ホーム
  • 市販薬や処方薬はどうなの?アレグラを手に入れる方法とは?

市販薬や処方薬はどうなの?アレグラを手に入れる方法とは?

せきが出る女性

アレグラは季節性だけでなく通年性のアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎、蕁麻疹に効果がある薬です。アレグラには錠剤とドライシロップのものがあり、錠剤は7歳以上から、ドライシロップは6か月から服用することができます。

アレグラの主成分はフェキソフェナジン塩酸塩で、第二世代抗ヒスタミン薬です。フェキソフェナジン塩酸塩は、効き目がある割に眠気などの副作用が少ないのが特徴で、集中力や判断力が鈍ることが少ないことから多くの人に使用されている薬でもあります。

このアレグラは病院を受診して処方してもらうことで使える処方薬の他に、薬局やドラッグストアで購入できる市販薬があります。処方薬の場合、鼻炎の他に皮膚のかゆみなどにも効果があるのですが、市販薬の場合は皮膚に関しての症状の記載はありません。

そして市販薬の場合、小児用のものを購入する場合は要指導医薬品となっているため、事前にチェックシートに記入をし、薬剤師がいる時間帯に薬局で購入する必要があります。要指導医薬品とは、病院でもらう処方薬が市販しても良いとなってからまだ日が浅い場合に、なることが多く、しっかりと副作用に関して理解をしなくては購入できません。成人用のアレグラは第2類医薬品のためいつでもこうにゅうできるのですが、小児用の場合は困ったときに購入できるわけではないので、注意が必要なのです。

病院で受診をする場合は薬の成分について理解をし、医師や薬剤師の説明を受けてから使用することが多いので、副作用が起きたときにどのような対応をしたらよいのかわかるのですが、市販薬の場合は、箱に記載されていたり添付文書が入ったりしていてもじっくりと見ることは少なく、副作用には何があるか、起きたときにはどうしたらよいのかということを、しっかり理解しないまま服用してしまうことが多いです。どちらも薬の成分はおなじであるので、理解をした上で購入するのが大切なのです。

なお、市販薬のアレグラを購入する方法は自分が薬局に出向く、といったことの他に、通販サイトを利用して宅配で送ってもらうという方法があります。ネットショッピングを行う感覚で購入することができ、自分の好きな時間に注文することができるため必要なときに必要な分を手に入れることができます。ですが、やはり小児用のものは通販においても購入できないので、終わりそうになったら薬局にて買うと良いでしょう。アレルギーの症状は簡単に治まらないのである程度準備しておくようにします。